第32番 正宗寺

【歴史・由来】

飛騨の冬は長く、それだけに、雪解け後の活発な自然の変化が楽しめます。早春のフクジュソウから始まり、5月から6月にかけて咲くシャクヤクは見ごたえがあります。 正宗寺は「芍薬の花寺」として知られ、シャクヤクの時期には「花の山寺コンサート」を本堂で開きます。 また、境内の栄山閣では、1年を通じて独り芝居や禅スクールなどを催します。寺に催しが多いのは、人との出会いを大切にしたいという思いから。「個人を大切にしたい」という意向の表れでもあります。 創立年代は不詳ですが、同じ高山市丹生川町の千光寺の末寺として真言宗に属し、慶長元(1596)年、曹洞宗に改宗し、寺を現在地へ移したといいます。素玄寺の二世格応門越を迎えて住職にしました。ここを開基として、素玄寺の末寺となりました。 本堂、庫裏、山門、鐘堂は第四世の代、享保年間(1716―36)に建立されました。ほかに観音堂、地蔵堂、薬師堂があります。シャクヤクの栽培と寺の美化に力が入れられたのは、明治、大正のころです。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
1
2
3
4
5
6
7
8
9

概要

第32番 大貴山 正宗寺(しょうそうじ) 曹洞宗

◇本 尊 釈迦牟尼佛

◇観 音 西国三十三観音本佛

◇円空仏 薬師如来

所在地

〒506-2133 高山市丹生川町北方1004

tel. 0577(78)1080 fax.0577(78)1080

納経受所

玄関

拝観料

なし

駐車場

あり・門前横に普通乗用車30台・バス5台

Eメール

one-bowl@shousouji.com

URL

http://onebowl.shousouji.com/

アクセス

31番 善久寺 → 32番 正宗寺

◎距離:約11km

◎車で約14分

年中行事

大般若法要/元旦午後1時半

花祭り/5月中

成道会/12月8日(前後)

涅槃会/2月15日(前後)

参禅会/毎月第1、第3土曜日

花の山寺コンサート/5月下旬から6月初旬