トップページ 札所一覧 全札所コース 関連リンク
1)国分寺
3)相應院
3)雲龍寺
4)素玄寺
5)善応寺
6)宗猷寺
7)清伝寺
8)正雲寺
9)大幢寺
10)霊雲寺
11)安国寺
12)汲月院
13)寿楽寺
14)慈眼寺
15)洞雲寺
16)円城寺
17)光円寺
18)恩林寺
19)玄昌寺
20)久昌寺
21)金龍寺
22)圓城寺
23)両全寺
24)本覚寺
25)永昌寺
26)洞雲寺
27)瑞岸寺
28)桂峯寺
29)禅通寺
30)慈雲寺
31)善久寺
32)正宗寺
33)千光寺
第5番 善応寺 高山市宗猷寺町177 tel.0577-32-4516
JR高山駅タクシー5分 アクセスマップ
山号:宝樹山 宗派:曹洞宗
三十三観音第5番:如意輪観世音菩薩
本尊:如意輪観世音菩薩(秘仏) 円空仏:なし
 「観音の行は善く諸々の方所に応じて、弘誓の深き事海の如し」と観音経にあるように、観世音菩薩(如意輪観音)がご本尊です。インド、マカダ国のビシュカツマの作と伝われ、中国より日本へ渡来し、始めに京都建仁寺に祀られました。その後故あって、三木自綱公が帰依するところとなり、文禄元年(1558)飛騨を平定して松倉築城のおりに城下にこの観音様を本尊として真言宗善応寺が誕生しました。
 その後わずか27年で三木氏は金森長近公との戦いに敗れ、当寺も焼失してしまいした。その際本尊は長近公の手中へと移ることに。やがて長近公の菩提を弔う素玄寺二代目、格翁門越大和尚を歓請開山とし、曹洞宗の善応寺として再興されました。
 天保6年(1835)飛騨の大地主永田吉右衛門尚友の計らいにより現在地に移転。大正8年に不慮の火災に遭いふたたび全焼しました。現在の本堂、地蔵堂は大正14年に飛騨匠の手によって再建されたものです。

1)地蔵堂
2)座禅堂
3)本堂内陣
如意輪観世音菩薩
札所ご案内トップページ 札所一覧関連リンク
札所めぐりマップ>全札所コース高山・一之宮コース国府・古川・宮川コース神岡・上宝・丹生川コース