トップページ 札所一覧 全札所コース 関連リンク
1)国分寺
3)相應院
3)雲龍寺
4)素玄寺
5)善応寺
6)宗猷寺
7)清伝寺
8)正雲寺
9)大幢寺
10)霊雲寺
11)安国寺
12)汲月院
13)寿楽寺
14)慈眼寺
15)洞雲寺
16)円城寺
17)光円寺
18)恩林寺
19)玄昌寺
20)久昌寺
21)金龍寺
22)圓城寺
23)両全寺
24)本覚寺
25)永昌寺
26)洞雲寺
27)瑞岸寺
28)桂峯寺
29)禅通寺
30)慈雲寺
31)善久寺
32)正宗寺
33)千光寺
第3番 雲龍寺 高山市若達町1-86 tel.0577-32-4323
JR高山駅タクシー5分 アクセスマップ
山号:海蔵山 宗派:曹洞宗
三十三観音第3番:十一面観世音菩薩
本尊:十一面観世音菩薩 円空仏:如来像
 養老4年(720)泰澄大師が飛騨の地に白山社を創建し別当妙観寺を建立、その後天台宗に属したのち無住となり衰退しました。応永2年(1395)頃、法孫竹窓智厳和尚(能登総持寺四世)が弘法の旅の折に飛騨に立ち寄られ、衰退した妙観寺の跡に堂宇を再建し曹洞宗に改め海蔵山雲龍寺を創始されました。
 今の寺は天正年中、初代高山城主金森長近公が、本能寺の変(1582)に19歳で戦死した長子忠次郎長則の菩提のため、堂宇を修復し長則の菩提寺としたものです。飛騨における曹洞宗最初の道場であり、横浜鶴見の大本山総持寺の御直末寺院です。
 江戸初期の作と伝えられる庭は、心字池の回りにツツジ、松、椿、楓が調和よく植え込まれ、四季おりおりの風情が心を和ませてくれます。鐘楼門(高山市文化財)は高山城二之丸にあった黄雲閣を移築したものです。また近代画壇の巨匠橋本閑雪が当寺に滞在の折、亡妻供養のために残した観世音菩薩の軸が寺宝となっています。

1)鐘楼門
2)本堂内陣
3)庭園
十一面観世音菩薩
円空仏:如来像
札所ご案内トップページ 札所一覧関連リンク
札所めぐりマップ>全札所コース高山・一之宮コース国府・古川・宮川コース神岡・上宝・丹生川コース