トップページ 札所一覧 全札所コース 関連リンク
1)国分寺
3)相應院
3)雲龍寺
4)素玄寺
5)善応寺
6)宗猷寺
7)清伝寺
8)正雲寺
9)大幢寺
10)霊雲寺
11)安国寺
12)汲月院
13)寿楽寺
14)慈眼寺
15)洞雲寺
16)円城寺
17)光円寺
18)恩林寺
19)玄昌寺
20)久昌寺
21)金龍寺
22)圓城寺
23)両全寺
24)本覚寺
25)永昌寺
26)洞雲寺
27)瑞岸寺
28)桂峯寺
29)禅通寺
30)慈雲寺
31)善久寺
32)正宗寺
33)千光寺
第25番 永昌寺 高山市奥飛騨温泉郷田頃家386 tel.0578-89-2076
濃飛バス田頃家上野酒店前バス停徒歩2分 アクセスマップ
山号:冨渓山 宗派:臨済宗妙心寺派
三十三観音第25番:聖観世音菩薩・馬頭観世音菩薩
本尊:釈迦牟尼佛 円空仏:韋駄尊天
 当寺は鎌倉時代末期、第九十五代花園天皇の御代正和元年(1312)に、平氏權守政盛が父母の菩提追福のため一寺を建て、父の法号をとって栄照院と名づけたのに始まります。当時は天台宗でした。政盛は一部史書には神岡殿地区江馬氏の分家となっていますが、高原郷土着の豪族(領主)だったというのが実像のようです。北朝康安元年(1361)に没しています。
 政盛死後は衰微し廃絶同様でしたが、江馬氏十代旭四郎宗時が、応永22年(1415)父輝時菩提のため再興し、高岡国泰寺から鳳宿麟芳和尚(江馬氏七代時則の三男)を請じて中興二世としました。以後臨済宗永昌寺と改め、国泰寺の門末となりました。後に、寛永年中に飛騨が金森氏支配となり、当寺は高山宗猷寺(臨済宗)末になりました。明治23年に京都妙心寺末となって現在に至っています。
 大正11年5月、信州善光寺一光三尊仏分身を建立しました。遠く善光寺仏をこの地で望み、諸縁吉利を願う戒壇巡りが好評です。

1)本堂内陣
2)善光堂
聖観世音菩薩
円空仏:韋駄尊天
札所ご案内トップページ 札所一覧関連リンク
札所めぐりマップ>全札所コース高山・一之宮コース国府・古川・宮川コース神岡・上宝・丹生川コース