トップページ 札所一覧 全札所コース 関連リンク
1)国分寺
3)相應院
3)雲龍寺
4)素玄寺
5)善応寺
6)宗猷寺
7)清伝寺
8)正雲寺
9)大幢寺
10)霊雲寺
11)安国寺
12)汲月院
13)寿楽寺
14)慈眼寺
15)洞雲寺
16)円城寺
17)光円寺
18)恩林寺
19)玄昌寺
20)久昌寺
21)金龍寺
22)圓城寺
23)両全寺
24)本覚寺
25)永昌寺
26)洞雲寺
27)瑞岸寺
28)桂峯寺
29)禅通寺
30)慈雲寺
31)善久寺
32)正宗寺
33)千光寺
第24番 本覚寺 高山市上宝町本郷1425 tel.0578-86-2058
濃飛バス本郷バス停徒歩5分アクセスマップ
山号:高原山 宗派:臨済宗妙心寺派
三十三観音第24番:楊柳観世音菩薩
本尊:釈迦牟尼佛 円空仏:地蔵菩薩
 その昔、上宝村吉野に荘厳寺(天台宗)という名刹がありました。兵火にかかり焼失し廃寺となるところを、鎌倉時代の文永年間に江馬二代平朝方(高原太郎)が再興し、二男時信を出家させ道泉源と名づけ開山としました。寺号は初め本閣寺でしたが、後に開基の俗名、高原太郎平朝方の高原と、法名の本覚寺殿仁峰義海大禅定門の本覚寺をとり、高原山本覚寺と改めました。
 室町時代の後期、世は戦国動乱の時代に入ると、天正13年(1585)佐々成政らが攻め来って火を放ち、堂宇を焼失。その後、寛永年間に越中氷見の国の国泰寺の僧、松厳和尚がこの寺に住み臨済宗となりました。山岳修行僧播隆上人が逗留し、世界最古の登山記とも言われる「迦多賀獄再興記」が寺宝として残っています。
 明治38年にふたたび本堂、庫裡を焼失しましたが、明治43年再建されて現在に到っています。

1)釈迦牟尼佛
2)本堂内陣
3)山門
楊柳観世音菩薩
円空仏:地蔵菩薩
札所ご案内トップページ 札所一覧関連リンク
札所めぐりマップ>全札所コース高山・一之宮コース国府・古川・宮川コース神岡・上宝・丹生川コース