トップページ 札所一覧 全札所コース 関連リンク
1)国分寺
3)相應院
3)雲龍寺
4)素玄寺
5)善応寺
6)宗猷寺
7)清伝寺
8)正雲寺
9)大幢寺
10)霊雲寺
11)安国寺
12)汲月院
13)寿楽寺
14)慈眼寺
15)洞雲寺
16)円城寺
17)光円寺
18)恩林寺
19)玄昌寺
20)久昌寺
21)金龍寺
22)圓城寺
23)両全寺
24)本覚寺
25)永昌寺
26)洞雲寺
27)瑞岸寺
28)桂峯寺
29)禅通寺
30)慈雲寺
31)善久寺
32)正宗寺
33)千光寺
第23番 両全寺 飛騨市神岡町麻生野291 tel.0578-82-0716
濃飛バス麻生野バス停徒歩8分 アクセスマップ
山号:慶雲山 宗派:臨済宗妙心寺派
三十三観音第23番:千手観世音菩薩
本尊:釈迦牟尼佛 円空仏:薬師如来
 寺伝によれば、右衛門大輔は麻生野に城館を築く際、享禄2年(1529)3月、山麓の野尻平・城下平に接する野田の地に氏神(八幡社)と氏寺、日月山両全寺を建立し、桃源周岳和尚を請じて開山しました。山号・寺号は大陸の晋国から使節が持参した「周処傳」掲載の「日月両全」の語句に発し、語意は「日月二つ乍ら全きことで両方とも欠けては為らない」とのことです。
 十世祥隠和尚の時火災で全焼し、十一世文溟廣扶和尚により現在地に移転しました。十一世および十二世の頃には「日月山」のほかに「慶雲山」の山号も使っていたようですが、やがて現在の慶雲山に一本化されました。十二世盤谷祖珍和尚は、南禅寺大観和尚を師として禅学を極め、徳の高い僧として有名でした。昔は天台宗だったようですが明治23年に妙心寺末寺となりました。
 本尊の千手観音は秘仏とされ、開帳は60年に一度です。前仏として千手観音像が置かれています。

1)半僧堂
2)本堂内陣
3)龍の襖絵
千手観世音菩薩
円空仏:薬師如来
札所ご案内トップページ 札所一覧関連リンク
札所めぐりマップ>全札所コース高山・一之宮コース国府・古川・宮川コース神岡・上宝・丹生川コース